アルダ・トゥランがFCバルセロナの攻撃を導き、ボルシア・メンヒェングラートバッハのゴールをこじ開けた一方で、パコ・アルカセルはスタメン起用に応えられなかった。

■途中出場
アルダ・トゥランがボルシア・メンヒェングラートバッハ相手に苦しむFCバルセロナの救世主となった。アルダが投入された時、バルサはアザールのゴールによって1−0のビハインドだった。ルイス・エンリケは解決策を探っており、57分にイヴァン・ラキティッチに代え、アルダ・トゥランを投入した。

そして、出場からわずか7分後、ネイマールのアシストをアルダが豪快にゴールに突き刺した。また、ゴールだけでなく、残り13分に見せた素晴らしいプレーのように攻撃面で貢献し続けた。
アルダ・トゥランがルイス・エンリケにとってレオ・メッシが怪我から復帰するまでの代役として最も効果的な選手となっている。

■途中交代
パコ・アルカセルをルイス・エンリケは試合のスターティングメンバーに選び、アルダ、ラフィーニャをベンチに座らせた。しかし、実際にアルカセルはあまり成果を得られず、53分間で7回しかボールを触ることができなかった。また、システムをルイス・スアレスとアルカセルの2トップの後ろにネイマールを配置した4−4−2でスタートさせたが、結果的に変更せざるを得なかった。

後半8分経過したときには、ルイス・エンリケはこのままではゴールを決めることができないと判断し、アルカセルを下げてラフィーニャを投入した。アルカセルは貴重なチャンスを不意にしたと気づいているに違いない。