ズラタン・イブラヒモビッチがジョゼ・モウリーニョ率いるマンチェスター・ユナイテッドの問題を解決した。
マンチェスター・ユナイテッドはウクライナのゾリャ・ルハーンシクの守備的な戦術を崩せずにいたが、ウェイン・ルーニーが放ったシュートのこぼれ球をイブラヒモビッチがゴールに押し込んだ。
マンチェスター・ユナイテッドは勝利したものの納得できる内容ではなかっただろう。

ジョゼ・モウリーニョは多くの主力をスターティングメンバーに揃え、イブラヒモビッチ、ポール・ポグバ、フアン・マタが出場した。

ニュースといえば、再びルーニーがベンチスタートした事で今回はフィジカル面に問題があったからとしている。
どちらにしろ、マンチェスター・ユナイテッドがほぼ無名のチームに対して、優勢なのは明らかであったが現実は違った。
フェライニが入ったことで、マンチェスター・ユナイテッドは上手くボールを動かすことが出来なかった。

一方のゾリャは自陣で待ち構える守備的な戦い方を採用し、攻撃面でマンチェスター・ユナイテッドを脅かすことはなかった。最初のチャンスはラッシュフォードが掴んだ。エリア内から放った強烈なシュートがクロスバーを直撃。

ハーフタイム後も試合の流れが変わることはなく、モウリーニョがルーニーを投入するまではオールド・トラッフォードは静かなままだった。
サポーターはキャプテンの投入に拍手を送り、それに応えるようにルーニーがマンチェスター・ユナイテッドに歓喜をもたらす。フォス=メンサーのクロスにルーニーが合わせる。しかし、このボールはゴール枠内には飛ばずゴールラインを割るかと思われた時、イブラヒモビッチが現れボールをヘディングでゴールに押し込んだ。

現在、イブラヒモビッチはストライカーとしてゴールという結果でマンチェスター・ユナイテッドに貢献している。

加えて、イブラヒモビッチはヨーロッパの大会において7つの異なったチームでゴールを獲得する快挙を成し遂げた。アドリアン・ムトゥ、ヨン・カリュー、イブラヒモビッチ以外はこの記録は達成できていない。この勝利はフェイエノールトに敗北を喫したマンチェスター・ユナイテッドにとっては朗報ではあるが、チームにはまだまだ多くの問題が存在している。