彼のトレーニングは非常に退屈だと言われていた。
しかし、もしマンチェスター・ユナイテッドでの指揮を続けていた場合、ファン・ハールは急進的な変革を計画していた。
それは彼のセッションを地球上で最も興味深いセッションの1つへと変えていただろう。

マンチェスター・ユナイテッドのアナリストの1人、マックス・レッカースが打ち明けた情報によると、頻繁に論争を生むこのオランダ人指揮官はテクノロジーのサポートで自身のトレーニング技術を向上させようと考えていた。
それはバーチャルリアリティー(VR)の導入である。

いくつかの観点における空想家、ルイス・ファン・ハールをマックス・レッカースは“アイデアにおける先駆者”と言い表す。

それを証明するのがバーチャルリアリティーのアイデアだ。
選手達は試合の各状況毎にやるべきことを知るために、そのゴーグルによって360°の角度で映像を見ることができる。

“Beyond Sports”によって発達したこのテクノロジーは既に今シーズンからオランダのPSVが使用しており、ワークメソッドにおいて注目に値する成功を収めている。
その他のエリートクラブに広まっていくのか注目すべき最初の革命である。
ユナイテッドはもう少しのところでこのテクノロジーを採用するところだったが、モウリーニョはそれを拒否したと思われる。