クリスティアーノ・ロナウドのプライベートジェットが、26日(月)の夜にバルセロナ空港着陸時に事故に遭った。

ロナウドが約1年前に購入したジェットGulfstream G200はバルセロナのエル・プラット空港で不時着事故を起こし、空港の管理責任者は滑走路の一つの閉鎖を余儀なくされた。

SPORTの調べによると、この事故で怪我人はおらず、乗客の中にクリスティアーノ・ロナウドの姿は無かったという。先週月曜にレアル・マドリードの選手らはドルトムントに遠征し、UEFAチャンピオンズリーグのボルシア・ドルトムント戦に挑んだが、結果は2-2の引き分けだった。

クリスティアーノ・ロナウド所有のジェットは、アメリカ合衆国のGulfstream製で、様々な贅が尽くされており、これまでこのジェットに多くの友人や家族を乗せているのが目撃されている。またこのジェットの収容人数は乗客8名、パイロット2名の計10名で、トイレが2か所に設置されている。

またロナウドがこのジェットを使用していない期間には、レンタル会社により第三者に貸し出されている。