ラフィーニャが変わった方法でジェラール・ピケのゴールを祝福した。ジェラール・ピケは敵地ボルシアパークのボルシア・メンヒェングラートバッハ戦で、バルサの勝利を決定づけるゴールを決めた。

この試合の主役の一人であったラフィーニャは、SNSに得点を喜ぶ選手達の写真を載せ、“ゴール王のピケ会長”というメッセージを添えた。

確かにピケはディフェンダーであるにもかかわらず多くのゴールを決めている。