UEFAの公式記録によれば、アトレティコ・マドリードはチャンピオンズリーグのバイエルン・ミュンヘン戦で116.515kmを走り、ドイツ勢の総距離108.043kmより8.5km近く長く走った。アトレティコは1-0の勝利を収めるためにバイエルンのシュート本数13本に対して16本のシュートを放った。

枠を外れた本数はアトレティコが8本、バイエルンが6本、セーブされた本数は3本で両チーム同じであり、枠内へのシュートはスペイン勢が5本に対してドイツ勢は4本であった。シュート2本が枠を叩いた。

アトレティコはポゼッションで相手を下回りながら、チャンスをより多く手に入れた。両チームの支配率とパスの本数はバイエルンが63%で332本のパス、アトレティコは37%でパスが332本であった。

最終的にヤニック・カラスコのポスト直撃のゴールが勝利をもたらした。