今週木曜日にSPORTが報じたように、クリスティアーノ・ロナウドのプライベートジェットは月曜日にエル・プラット・デ・ジョブレガット空港(バルセロナ)への着陸時に事故に遭った。

査定額およそ1,900万ユーロ(約21億6,000万円)のクリスティアーノ・ロナウドのGulfstream G200は左ブレーキの油圧クランプのため、滑走路をコースアウトした。
クリスティアーノがジェットを必要としない時はレンタル会社が第三者への貸し出しを請け負っているため、乗務員は別の乗客を乗せて飛行していた。

滑走路からコースアウトした際、航空機の着陸装置が壊れたため、空港当局は数時間、滑走路の一部の閉鎖を余儀なくされた。

クリスティアーノ・ロナウドはその時、チームとUEFAチャンピオンズリーグのドルトムント戦(2-2)ためにドイツに遠征中だったため、その場にはいなかった。

クリスティアーノは約1年前にGulfstreamを手に入れた。
当時、ポルトガル紙の“Correo da Manha”が報じた内容によると、このマドリディスタはこのジェットを製造するアメリカの権威ある会社に約1,900万ユーロを支払ったとされている。