FCバルセロナのキャプテン、アンドレス・イニエスタは今週日曜日、バライドスで行われるセルタ戦でアスルグラナのユニフォームを着て公式戦600試合出場を果たす事となる。

彼の名前は15シーズン連続でラインアップに登場している。2002年10月29日のデビューから今日まで13年11ヶ月と1日が過ぎた。
言い換えると、イニエスタとトップチームが果てしなく続く恋愛関係をスタートさせてから5085日である。

イニエスタはその間に599試合に出場してきた。
もしルイス・エンリケが日曜日にヴィーゴで彼を起用すれば、彼は600試合出場を達成することとなる。
フエンテアルビージャ出身のメガクラックは特に勝率(406勝、67,7%)と獲得したタイトル数(29)が際立っている。

ルイス・ファン・ハールが彼をチャンピオンズリーグのグループリーグのブルージュ戦(0-1)でデビュー。
その時、FCバルセロナは既にグループリーグ突破を決めていたため、多くの若手選手達で臨んだ一戦だった。
ダニ・トルトレオ、アンドレス・イニエスタ、セルヒオ・ガルシア、ダビド・サンチェスがその試合でトップチームデビューを果たす。

また、イニエスタはFCバルセロナの選手としての出場時間の合計は41,401分を数える。
リーガ(26,693分)、チャンピオンズリーグ(8,314分)、UEFAカップ(64分)、コパ・デル・レイ(4,822分)、スーペルコパ・デ・エスパーニャ(715分)、ヨーロッパ・スーパーカップ(186分)、クラブW杯(507分)