ここ最近のリーガや欧州CLでの結果がレアル・マドリードの雰囲気を悪くしている。これ以上の後退を望まない会長フロレンティーノ・ペレスはジネディーヌ・ジダンに注意を喚起した。

ビジャレアル戦と、UDラス・パルマス戦、ボルシア・ドルトムント戦(2-2)の結果がフロレンティーノ会長を動かし、会長はジダンやマドリーの主要選手と対話の場を持った。

ジダン監督もまた選手達に集中とチームワークを要請した。
しかし、レアル・マドリードの選手達の間のチームワークが揺らいできているのは明らかである。
元マドリーの指導者ジョゼ・モウリーニョ監督は、その自伝で、監督を辞任した理由はフロレンティーノ会長から数名の選手を解雇するように命令された為だと記している。