アスレティック所属のDFアイメリク・ラポルテはスペイン代表チームではなくフランス代表チームを選択した理由についてインタビューで語った。またラポルテは今夏の移籍シーズンに受けたオファーについても語った。

22歳のミッドフィルダーであるアイメリク・ラポルテはFCバルセロナのオファーを拒絶し、アスレティックと1年間の契約更新を選んだが、その理由について以下のように語った。
「強豪クラブへの扉が閉ざされていたって?全くそんなことはない。僕はある強豪クラブに行くチャンスを得たが、個人的な理由で残ることを決めた。また僕がサッカー界に進出することを可能にしてくれたクラブに感謝している。僕の為にしてくれたすべてのことに感謝をしたかった。僕が残ることでクラブに恩返しができる、僕はアスレティックで幸せだ。」とラポルテは語った。