テア・シュテーゲンは自分のミスの責任を負い、謝罪した。
彼のセルタ戦での4点目のシーンの重大なミスは、後半におけるFCバルセロナの反撃をストップさせ、セルタに勝利を差し出した。
「あれは私の責任だ。本当に申し訳ない。もしこのミスを犯さなければ、我々は勝てていたかもしれない。」
シュテーゲンはうなだれながらそのように話した。

バライドスでのこのミスによって自身のスタイルを変更するかどうか尋ねられた際、テア・シュテーゲンの答えははっきりしていた。
「このミスが起きたとはいえ、私は自分のプレーを変えるつもりはない。たった一度起きただけだ。」
試合後、チームメイト達に励まされたかどうかについて質問を受けると、このドイツ人はこの事に関してチームメイト達と話していないと述べた。
そして、改めて自分の責任であることを認め、チームメイトがそれを行う理由はないと主張した。

テア・シュテーゲンは試合が3-2となった時、勝利の可能性を感じていたと振り返った。
「この敗北は非常に厳しいが、立ち上がり、前に進み続ける必要がある。我々はハードワークをして、同じ道を歩み続けなければならない。」

間違いなく、テア・シュテーゲンは新たな重大ミスを繰り返さないために自分のミスから学ぶ必要があるだろう。