今週日曜日、バライドスでFCバルセロナはセルタに苦杯を嘗めさせられた。
自分達のミスから失点を喫するなど、前半を0-3で折り返すと後半は怒涛の反撃を見せたが、テア・シュテーゲンの重大なミスからセルタに決勝点を献上した。

スペインには直訳すると恥ずかしい思いをするという意味で「恥ずかしさで顔が落ちる」という表現がある。

ベッケンバウアーのごとくプレーし、チームに希望を与える2ゴールを決めたピケを除き、今回の敗戦は特に決定的なミスを犯した一部の選手達に自らのプレーを悔やませていることだろう。