フランス人DFサミュエル・ユムティティはここ数日良い感覚だと語っている。同選手はフィジオセラピストのフアンホ・ブラウと共に復帰に向けたトレーニングを行っており、徐々に負荷も増してきている。そして、10月15日のデポルティーボ戦をも本人の頭の中にはあるようだ。

ユムティティは先週からピッチで跳躍なども含んだトレーニングも行っている。現状FCバルセロナのメディカルチームは今週の後半には完全復帰に向け、チームトレーニングにも参加する想定でいる。

コーチングスタッフ、選手、ドクターの意図としては、完璧なコンディションでデポルティーボとのリーガ第8節を迎えることである。そして、90分間出場できるかが大きな論点になっている。なぜならば、FCバルセロナの残りのセンターバック陣が各代表の試合で少し疲れがある可能性があり、特にハビエル・マスチェラーノはバルセロナと1回しかトレーニングせずに試合に臨むことになり、時差ぼけも大きな障害になるだろう。また、ピケもスペイン代表でフル出場する可能性があり、デポルティーボ戦に出場するのは非常にハードかもしれない。また、その4日後にカンプ・ノウでマンチェスター・シティと戦うことを考慮しなければならない。

つまり、代表引退を表明したジェレミー・マテューだけが、デポルティーボ戦に良いコンディションで挑める状態であるが、問題点としてはユムティティもマテューも共に左利きということである。