月曜日、チャビ・エルナンデスはカルレス・プジョルと共にアムステルダムで行われた“Aspire4Sport”のカンファレンスに出席した。アル・サッドのキャプテンを務めるチャビは、オランダではこれが当たり前のようにヨハン・クライフについて質問された。チャビの言葉は敬愛と尊敬を示していた。
「彼が私を指導してくれたことはないが、クライフ・スクールの生徒であれたことを誇りに思う。」とチャビは語った。

ペップ・グアルディオラについてもサッカーの教科書のような存在であり、「この10年で最もサッカー界に影響を及ぼした人物である。」と言及した。
また、「影響力があり、異常であり、完璧主義。」と付け加えながら、「マンチェスター・シティはそれを楽しむことになるだろう、そして、すでに彼のスタイルが見えつつある。」と語った。

グアルディオラが将来的にスペイン代表の監督になることが考えられるか聞かれると、「複雑だ。」と返答しながら、「プロフェッショナルのサッカー界では色々なことが起こりうる。」と語った。

そして、今年のバロンドールについてチャビは「チャンピオンズリーグとEUROを制覇したクリスティアーノ・ロナウドが獲得する可能性は大いにある。」と語るも、「メッシがいるだけに、非常に難しい問題だ。」と付け加えた。