ブラジル代表は既にナタールの合宿先のホテルにほとんど全員が集まっている。

今週月曜日の昼下がり、ヨーロッパ勢は既にホテルに滞在していたブラジルと中国でプレーする8選手と合流した。

ホテルの門で彼らのアイドル達を一目見ようと駆けつけたサポーター達が最も沸いたのはネイマールと16ヶ月ぶりに代表に復帰したチアゴ・シウバの到着だった。
チッチの招集した24選手全員が揃うには、火曜日に合流予定のガブリエル・ジェズスの到着を待つのみである。

ネイマールとチームメイト達は18時から試合会場のアレーナ・ダス・ドゥーナスで最初のセッションが予定されていたため、大して休む間もなかった。
このブラジル代表のトレーニングを見るために入場券を購入したサポーターの数は約1万人にも及んだ。

月曜日のセッションはこの公開練習のみで終了した。
ブラジル代表はナタールで今週木曜日にロシアW杯2018の南米予選でボリビアと対戦する。
その後、代表チームは日曜日にナタールを出発し、ベネズエラに向かう。
メリダのオリンピコ・メトロポリターノで同じく南米予選の1試合を戦う。

ボリビアで最も恐れられているのはネイマールだが、彼らはネイを止められると確信している。
「彼を上手くマークするのは困難だが、我々は彼を止めることができる選手達を擁している。」
記者会見でGKのランペはそのように語った。