ルイス・スアレスは出場停止まであとイエローカード1枚の状態にある。
このFCバルセロナのウルグアイ人ストライカーは既にリーガの7試合で4枚のイエローカードを受けている。(その内、3枚が抗議によるもの)
もう1枚イエローカードを受ければ、5枚目となり1試合の出場停止処分となる。

ルイス・スアレスはセルタ戦でシーズン4枚目のイエローカードを受けた。
彼はシーズン第7節にして出場停止処分の危機にある。
ベティス戦(第1節)とアスレティック戦(第2節)はそれぞれ抗議によって、アトレティコ・マドリード戦(第5節)ではフィリペ・ルイスへのチャージによって3枚目を受けた。
そして日曜日のセルタ戦(第7節)、再び抗議で4枚目を提示された。

このようにルイス・スアレスの審判に対する抗議は既に合計3枚のイエローカードというツケを払っている。
次の1枚はバルサにとって非常に重要なMSNを完成させることができない1試合を生み出すこととなる。