レアル・マドリードの指揮官、ジネディーヌ・ジダンは最近の公式戦4試合連続引き分けという結果によって、サポーターからチームの良くないプレーの責任者として自分が批判され始めていることを認識している。
従って、このフランス人指揮官は既に代表ウィーク明けの試合で選手達を再活性化させるためのレシピを準備している。
“ABC”紙によると、ジダンはロッカールームに厳格な規律を持ち込もうと考えているという。

ジダンは今年の1月にサンティアゴ・ベルナベウの指揮官に就任してから、特に彼のチームがチャンピオンズリーグを獲得して以降、放っていた絶対的な魔法のオーラを突然、失った。

最近の4つのつまずきはマドリディスタのプロジェクトを率いるための彼の能力を疑わせている。
そして、その状況は彼に早急な立て直しを余儀なくさせている。

このフランス人指揮官は彼の選手達を再び活性化させることができなかった場合、エリートクラブの指揮という自身初の冒険が予定よりも早く終わる可能性があることを理解している。

ひとたび代表選手達がチームに戻ってきたら、ジダンは失ったインテンシティーを取り戻すためにトレーニングを有効活用することに重きを置いている。
また彼はフィールド内で応えない選手達を罰するために選手達に厳格な規律を求める予定である。