FCバルセロナのフィリアルの選手達の参加とは別に今週火曜日のトップチームのトレーニングのニュースはドイツ人GK、テア・シュテーゲンの登場だった。
彼は既に召集されていたドイツ代表に合流したものだと思っていた全ての人々にとってサプライズだった。

テア・シュテーゲンはドイツ代表に合流する前のバルセロナでの滞在時間を利用し、多くの選手が各々の代表チームの試合のために抜けたトップチームの少人数のトレーニングに駆けつけた。

ドイツでも日曜日のリーガ第7節、セルタ戦での自身の大失態を思い出させる特定のメディアによって、多くの批判が待っていることを理解しているテア・シュテーゲンは出発前にチームメイト達と過ごすことを望んだ。