オールド・トラッフォードで輝きを失っているポール・ポグバ。マンチェスター・ユナイテッドに加入してから2ヵ月が経ち、批判の矛先はポグバに向けられている。
史上最高額の選手として8試合を戦って残した数字は大失敗と考えられてもおかしくない。

“Daily Express”紙は、ポグバ獲得のためにマンチェスター・ユナイテッドが支払った移籍金、レスター・シティ戦での取るに足らない1ゴール、ジョゼ・モウリーニョの下で残した彼の記録をまとめた。

ポグバはパス成功率84%であり、この数字はプレミアリーグ全てのミッドフィールダーの中で43位の成績であるが、短いパスを最もミスしており、9.7本/1試合のパスミス、逆に成功数は55.3本/1試合と5番目の結果である。

また、ドリブル成功率も2番目に悪い成績であり、1.7回/1試合の確率で相手に奪われており、成功数は2.8回/1試合である。
ピッチ内でのパフォーマンスは期待していたものより低く、ピルロも賞賛したイタリアでの4シーズンよりも非常に低いものとなっている。