スペインのラジオ番組カデナ・セルのラジオプログラム“Què t'hi jugues!”は、税務署がバルサと複数の選手が代理人への支払いの中で脱税の疑いがあるとして調査すると、水曜日に報道をした。

このラジオ番組によれば、税務署は2012年からFCバルセロナが脱税をしていると主張しているということだ。また、税務署はバルサ以外にもレアル・マドリードを含む複数のラ・リーガのチームの調査をしている。

また、一般的に選手の収入の5%を受け取る選手の代理人達への支払いも調査されている。
税務署は代理人も選手のために働いているわけであり、彼らも税金を支払う必要がある。支払うべき金額よりも少ない税金しか支払われていないため、適正な金額を収める必要があると税務署は主張している。