FCバルセロナのGK、マルク・アンドレ・テア・シュテーゲンはチームがバライドスで見せていた逆転ムードをストップさせた自身の痛恨のミスから少しずつ立ち直っているようだ。

テア・シュテーゲンは試合後すぐにそのミスの重大さを受け止め、謝罪した。
しかしその後、彼は今後のプレーと貢献で巻き返しを図ることを決めたようだ。

現在、ドイツ代表に招集されているテア・シュテーゲンは自身のTwitterアカウントに英語のメッセージをアップし、彼のメンタルがやられていないことをハッキリさせた。
「私達は人間だ。ミスを犯す。決して自分であることをやめるな!現在、僕はドイツ代表との仕事に戻っている。」

これまで通り、バルサのスタイルに完璧に適応した足元でのプレーを続ける意向を持つことをハッキリと示したメッセージである。