セルジ・エンリクとアントニオ・ルナは、6日にSNS上で公表された性的なビデオにより、6日(木)の親善試合のメンバーから外された。またビデオに映る女性は2人を告発している。

ホセ・ルイス・メンディリバル監督は特に2人の代わりの選手を選出することはせず、リエスゴ、ジョエル、カパ、アルビージャ、ドスサントス、ラミス、ルジューヌ、フンカ、エスカランテ、アドリアン、リビエラ、フラン・リコ、乾、ホタ、ベベ、キケ・ガルシアの16名の選手と遠征した。

一方で、今シーズン絶好調であるレガネスの監督アシエル・ガリターノは、アルジェリア代表に召喚されたカール・メジャーニ以外の選手全員を率いてブルゴスへと遠征した。