本日早朝、スペイン代表は賑やかな雰囲気で練習を再開した。
代表チームの選手達は、28歳を迎えるジエゴ・コスタを祝福した。チェルシー所属のコスタは、仲間達からのちょっかいに苦笑していた。

先のイタリア戦の引き分け後、フレン・ロペテギ監督は、選手らに激励のスピーチを行った。スペイン代表は日曜の現地時間20時45分からの試合に備え、本日午後アルバニアに飛ぶ。

ロペテギ監督はコスタを高く評価しており、代表選で2度に亘り先発メンバーに起用している。9番アルバロ・モラタに代わり起用され、3試合で2ゴールをマークしているコスタであるが、本人が自身のパフォーマンスに不安を持っているようだ。

FIFAワールドカップ2018の予選でグループ1位となったチームは、最終ステージへと進出する。その他の8つのチームは第二ラウンドに進出し、トーナメントにより勝ち残った4チームが本戦に出場する。