ルイス・エンリケはペップ・グアルディオラとレオ・メッシの関係性に似たものをジェラール・ピケとの間に持つ。
違いはその信頼が初日からだったか、そうでないかである。

グアルディオラがメッシに対して最初に行った事は彼をよく見ることだった。
一方、ルイス・エンリケがピケに対して最初の下した決断は数試合の間、彼をベンチに座らせる罰を与えることだった。
それはサッカーを最優先にしない場合、ルイス・エンリケとの将来はないということを伝えるために示した指揮官なりの方法だった。

トレーニングが好きではないことを認めてきたピケだが、彼は頭が切れる上に27歳の自分のキャリアには有効期限があることを理解していたため、すぐにそのメッセージを読み取った。

共通の友人(プジョル)がいることも手助けし、両者は急速に歩み寄っていった。
ピケは前方に一歩を踏み出し、それ以降は指揮官の考える主軸の1人へと変わり、再び控えメンバーに戻ることはなかった。