チェルシーのオーナーであるアブラモヴィッチ氏がまた選手獲得に大量の資金を投入する。

ディディエ・ドログバやアンドリー・シェフチェンコ、フェルナンド・トーレスに大金を投資してきたアブラモヴィッチ氏であるが、この度ユベントス所属のMFレオナルド・ボヌッチに興味を示している。

英国の“The Sun”紙はこのロシア人の富豪が約6,000万ユーロ(約69億1,000万円)をボヌッチ獲得のためにユベントスに対し支払う準備があると報じている。
またボヌッチ獲得の条件として、チェルシーはセスク・ファブレガスの放出も辞さないという。

チェルシーの指導者であるアントニオ・コンテ監督は、アブラモヴィッチ氏を説得し、冬の移籍市場でボヌッチを獲得することによりチーム強化を試みる。

セスク・ファブレガスはコンテ監督の信頼を得ていないが、その一方でユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、アンドレア・ピルロの代わりとして、ファブレガスに関心を示している。