ジョルディ・アルバはスペイン代表として出場したイタリア戦で負傷し、10日間戦線離脱することになり、FCバルセロナでも多くの試合を行うことになるセルジ・ロベルトは筋肉系の違和感を感じてアルバニア戦を欠場する。
ヤスパー・シレセンはオランダ代表のフランス戦前に行われたトレーニング中に足首を負傷した。ネイマールはブラジル代表として出場した試合で肘打ちを受け、まぶたを切り、流血した。

4選手はFIFAウイルスの犠牲者となり、バルサの選手は各国の代表に多く選ばれていることから、FCバルセロナはこの状況を注視している。
これは大きなハンディキャップとなる可能性があり、これらの選手の負傷者が、メッシとユムティティという負傷者リストに加わることになる。

マンチェスター・シティ戦を控えるシーズンの重要なときに、FIFAウイルスがFCバルセロナを蝕んでいる。また、レオ・メッシも前回アルゼンチン代表として戦った際にフィジカル系の問題を被っている。