リーガはここまで開幕から7節が終了し、今週は代表ウィークのため中断期間となっている。
現在のピチチは6ゴールをマークしているアトレティコ・マドリードのストライカー、アントワーヌ・グリーズマンで、それを僅差で追うのがFCバルセロナのトリデンテである。

その3人の中で今シーズンのリーガで最も得点数が多いのは5ゴールのルイス・スアレスである。
MSNの残りの2人、レオ・メッシとネイマールはそれぞれ4ゴールをマークしており、メッシは最近の試合の出場を妨げる怪我というハンディキャップを負っている。
またネイマールも金メダルを獲得したオリンピックの参加によって他の選手達よりも遅く、リーガをスタートさせた。

この状況の中でアスルグラナの3人のストライカーはこの開幕7節で合計13ゴールをマークした。
この数字はBBCのメンバーがマークしている数字をはるかに上回っている。
実際、ここまで3ゴールをマークしているガレス・ベイルがマドリディスタのトリデンテの最多得点者だが、FCバルセロナの3人のストライカー全員の数字を下回っている。

そしてカリム・ベンゼマとクリスティアーノ・ロナウドは順位表の中位にすら名前がない。
ベンゼマはエスパニョール戦とラス・パルマス戦の2ゴール、クリスティアーノは彼にとって今シーズンのリーガ初出場となったオサスナ戦であげた1ゴールにとどまっている。

現在の得点ランキングは以下の通り。