ペップ・グアルディオラはロンドンで開催されたヨハン・クライフ自伝のプレゼンテーションでクライフとの親密な関係について、いくつか振り返った。
“The Guardian”のインタビューで、このマンチェスター・シティの現指揮官はヨハンから受けた強烈な言葉を思い出した。
「彼は一度、私にこう言ったんだ。『君は私の祖母より遅い』ってね。そして実際、言う通りだった。また私にこのように叫んでいた。『左足でコントロールしろ』。始め、私は右足ばかり使っていた。だが現在、私はそれを自分の選手達に使っているよ。」

またグアルディオラはFCバルセロナにとってのヨハンの重要性を強調した。
「我々は新たな何かを必要としていた。そしてヨハン・クライフがそれを徹底的に構築した。それ故、彼は非常に特別だった。」

クラブを初のヨーロッパチャンピオンに導いたバルサの指揮官としてのクライフの時代についてそのように言及した。
「私はサッカーについて理解していると思っていたが、彼と働き始めた時、新たな世界が私の前に現れた。ヨハンは我々がゲームを理解するのを手伝ってくれた。私は運が良かった。現在、私がここに座っているのは彼と出会ったからだ。もし、彼に出会ってなかったら、有り得なかっただろう。」

FCバルセロナの元指揮官はそのように言い足した。