ジェラール・ピケはアルバニア対スペイン戦の後、ミックスゾーンでプレスのインタビューに対じ、スペイン代表引退を告白した。

「2018年ワールドカップでスペイン代表を引退する。」とピケはきっぱりと語った。FCバルセロナDFのピケは、自身のスペイン代表での存在が論争を巻き起こしている事を快くは思っておらず、「前から考えていたことであり、突然決めたことではない。自分は常にピッチ上で全力を尽くしてきたが、自分の存在を喜んでくれている者もいれば、喜んでいない人もいる。」とも付け加えた。

つまり、ピケは31歳で迎えるロシア・ワールドカップ後にスペイン代表を引退することになる。
ここ最近、ピケにとってスペイン代表のユニホームを着ることは簡単ではなかった。クラブ間の問題や政治的問題でピケには多くのプレッシャーがかかっており、スペイン代表にいることが論争を度々呼んでいた。