ジェラール・ピケはスペイン代表とアルバニア代表の試合でユニフォームの袖口にあるスペイン代表の国旗カラーの部分をカットしたという不当な理由で非難を受けた。

ピケが長袖のユニフォームをカットした理由は他でもない快適にプレーするためである上に、今回のユニフォームの袖には国旗は存在していなかった。

カルレス・プジョルはTwitterを通してこの論争に反応した。
かつてのバルサのセンターバックは過去にストッキングによって似たような状況があったとした。

プジョルは今回のテーマに関するジャーナリストのツイートに反応し、次のコメントを残した。
「僕はこれら全てを見たことがあるよ。」
そのように2007年にストッキングから発生した論争について言及した。