ジョルディ・アルバが負傷中のスペイン代表だが、敵地で行われたアルバニア戦には再びFCバルセロナの3人の選手達(ピケ、ブスケツ、イニエスタ)が先発出場し、素晴らしいパフォーマンスで0-2の勝利に貢献した。
彼らは怪我なしでバルセロナに戻り、ルイス・エンリケを喜ばせる。
イタリア戦同様、アスルグラナの選手達はアルバニア戦でも鍵となった。

■ジェラール・ピケ
ジェラールは90分間プレーした。
3選手だけで構成されていたDF陣のセンターバックを務め、守備面において際立った活躍を見せた。
ラモスが右サイドバックに入り、モンレアルが左サイドを担当した。
ピケはビルドアップでチームを助け、セットプレーでも再び存在感を示した。
さらにこのセンターバックは好調を維持し、再び攻撃にも尽力した。前半6分にゴールを決めるチャンスもあった。
試合中にSNSでシャツの袖のスペイン国旗の部分をカットしたという不当な理由で非難を受けた。

■アンドレス・イニエスタ
イタリア戦にフル出場したイニエスタはこの試合ではスコアボードが0-2となった時点で交代した。
イニエスタは特に前半、アルバニアがピッチ中央でよりコンパクトにまとまっていた時間帯に創造性を発揮した。
イニエスタは時間が経つ毎にパフォーマンスを落とし、77分にイスコと交代した。

■セルヒオ・ブスケツ
最初はピボーテとしてプレーしたが、フレン・ロペテギがDFラインを4バックに戻した際、ブスケツはセンターバックの位置に入った。
彼はポゼッションがより効果的になるようにチームを助けた。
高レベルのパフォーマンスだった。