バスティアン・シュバインシュタイガーは自身の未来をオールド・トラフォードから離れたところに見ている。
“The Sun”紙の報道によると、彼はジムでの自主トレーニングでフィジカルコンディションをかなり向上させている。

昨夏、モウリーニョが彼をチームから引き離して以降、噂はシュバインシュタイガーをマンチェスター・ユナイテッドの外に位置付けている。
この元バイエルン・ミュンヘンの選手がオールド・トラフォードを離れる可能性はますます高くなっており、彼の退団は次の冬の市場で確認されることになるかもしれない。

シュバインシュタイガーは自らの意思でジムでのハードワークをこなし、準備を整えている。
それはマンチェスター・ユナイテッドのテクニカルスタッフを驚かせた。
「我々は本当に彼に感銘を受けている。彼は最近1ヶ月、コンディションを大きく向上させるためにハードワークした。」

2015年7月に契約を交わして以降、シュバインシュタイガーはマンチェスター・ユナイテッドのシャツを身につけてわずか18試合1ゴールという結果にとどまっている。
怪我が彼のパフォーマンスの邪魔をし、2016年はプレミアリーグの2試合に出場したのみである。

現在、バスティアン・シュバインシュタイガーの将来はMLSにあるのではないかと推測されている。
同様にブンデスリーガ復帰の可能性も囁かれている。