アルバニア戦終了後、批判にうんざりしたピケはスペイン代表を引退すると宣言した。
「これは多くの理由のうちの一つに過ぎない。」とピケは語っている。

まだ試合が終了しないうちから、SNSはピケへの批判で熱くなっていた。
人々はピケがスペイン国旗の色が見えないように、袖をカットしたと誤解したのだ。

“As”等の有名メディアのツイッターアカウントは、「ピケがスペイン国旗の色を切り取った。」などと批判し、何の根拠もなくピケに対する一般人の批判が殺到した。

ピケを擁護する多くのコメントも寄せられたが、いずれにせよ、ピケは以前から考えていた「スペイン代表を引退する」という考えをすでに表明している。