ジェラール・ピケはアルバニア対スペイン戦後にミックスゾーンでスペイン代表引退を発表した。
「興奮して言っているわけではない、思慮深く考えていた。ピッチ上で全てを捧げてきた。そして、私に敬意を表してくれる者もいれば、逆に自分のスペイン代表での存在を嬉しく思っていない人もいる。」と語り、結果的に愛国心を巡る論争となった、試合の際にユニホームの袖を切る行為の後にピケは世間を驚かせた。

FCバルセロナのDFピケは色々と考えた結果、2018年ロシア・ワールドカップを最後にスペイン代表から引退するという決断をしたと説明した。ピケは代表でのキャリアを引き延ばす考えがないことを明らかにし、32歳となる2018年ロシア・ワールドカップを最後とした。

問題はこんなにも前に発表されるべきではなかったということであり、ワールドカップまでまだ2年近く残されている。ジェラール・ピケの意図としては公式に周知させるのはもっと差し迫ってからと考えていた。
しかしながら、マドリードのプレスによる不公平で、非良心的な報道によりアルバニア戦の後に全てが駆け足で進んでしまった。

ピケの引退発表に最初の驚いたのは彼の周りの人達である。ピケのスペイン代表のことを考えたプランと知っていたにもかかわらず、アルバニア戦の後に報道されたのには驚いたようだ。ピケの両親もパートナーであるシャキーラも、ジェラール・ピケが2018年ロシア・ワールドカップ後に若い世代に機会を譲ることを考えていることを認識していた。また、ピケはプジョルが最後の数シーズンで膝を怪我し、スペイン代表での100試合に到達するのがとても難しかったことも把握している。