ペップ・グアルディオラがマンチェスター・シティにおいて成功に満ちた長期的なプロジェクトを計画している。そのため、グアルディオラは可能性のある全ての才能を欲しており、SNS上で話題となっているカラモコ・デンベレにも興味をすでに持っているということだ。

“The Sun”紙によれば、マンチェスター・シティは才能豊かな同選手にここ数ヶ月間注目している。弱冠13歳のデンベレはセルティックU-20でデビューして以来、有名になっており、グアルディオラがその才能に気付かないわけがない。

イギリスでの報道によれば、デンベレという若い才能をマンチェスター・シティのアカデミーに入れるためであれば、彼の家族への様々な施設や学費などの待遇にクラブは前向きであるということだ。

アレイクス・ガルシアやブラヒム・ディアスのような若い選手達はグアルディオラの下での機会をすでに獲得している。マンチェスター・シティは自身のアカデミーに多くの才能を抱えており、今シーズンはすでにワトフォードのジェイドン・サンチョやベレスのベンハミン・ガレなどが加入している。

マンチェスター・シティとセルティックの間でカラモコ・デンベレの交渉が行われ、マンチェスター・シティに加入する可能性もある。スウェーデン人のグイデッティ(現在はセルタに所属)やベルギー人のボヤタとデナイヤー等の選手達がここ最近でこの2つのクラブを経由している。

デンベレに加えて、セルティックのもう1人の期待の若手選手であるキーラン・ティアニーにもグアルディオラは注目している。キーランは19歳でありながらスコットランド代表の左サイドバックでもあり、グアルディオラが常々強化したいと考えているポジションである。