ルイス・スアレスは今週火曜日のコロンビア戦に向けてウルグアイ代表と合宿中である。
試合前日練習でスアレスはゲームに参加し、GKのポジションに入ることを選択した。
実際、彼がゴールを守るためにキーパーグローブを着用するのを我々が見るのは初めての事ではない。

このゲームの1シーンで、アトレティコ・マドリードのフットボリスタ、ディエゴ・ゴディンが体でボールを取りに行った際、ルイス・スアレスと衝突した。
2人は地面に倒れ込んだ。そして、立ち上がるまでに時間を要したのはブラウグラナの方だった。
ゴディンは彼に状態を尋ねるために近寄った。

ウルグアイの“Ovación”紙が報じたように、FCバルセロナのストライカーの負傷の可能性にチームメイト達の間に緊張が走った。

結果的にルイス・スアレスに怪我はなく、その後も通常通りプレーを続けることができた。
従って、彼は今夜のコロンビア戦に出場するだろう。