PSGのアントワーヌ・グリーズマンへの関心は、同選手がフランス代表の試合に出場する度に高まっており、フランスのメディアも常にグリーズマンの動向を追っている。

先日も、フランスのラジオ局“France3”が、グリーズマンに対しPSG移籍の可能性を質問した。
しかしこの問いに対し、グリーズマンは「将来何が起きるかは決して分からないが、現在のところPSGは僕のプランには無い。いつの日か移籍する可能性はあるかもしれないが、今はアトレティコ・マドリードが僕のクラブだ。ここで良いプレーをすることに集中し、クラブのために何か大きな偉業を成し遂げたい。」と語った。

リーガ・エスパニョーラのピチチであるグリーズマンは、数日前に「僕はスペインで幸せだ。シメオネから学ぶことがまだいっぱいある。彼が去った時に初めてアトレティコで続行することの疑問が出るかもしれない。」とコメントしている。

またグリーズマンはフランス代表に関し「我々は勝ち点3を手に入れたかった。試合開始後の滑り出しも良く、その後コンパクトかつ堅い守りができた。僕はポール・ポグバのプレーにとても満足している、彼はブルガリア戦でも良いプレーをしていた。明日の記事には彼への賛辞が掲載されるだろう、ポグバがこの試合でメディアからのバックアップを受けるのは良いことだ。」とコメントした。