再び、ジョゼ・モウリーニョは台風の目の中にいる。
イギリス紙“The Sun”の報道によると、このポルトガル人指揮官はユニセフのチャリティー展のための絵画へのサインを拒否したことで論争の渦中にその身を投じた。

彼の行動はイングランドで多くの批判を引き起こしている。
その作品には普段のスーツの下にスーパーヒーローのスーツを輝かせるモウリーニョが登場する。
そのスーパーヒーローのスーツはスーパーマンに基づいているが、胸の文字は「M」になっている。

モウリーニョが作品にサインしない理由は彼がまだマンチェスター・ユナイテッドで社会的に認められておらず、その作品は不適切だとみなしたためだった。
その絵画の作者、ファニー・ ゴッホはその作品制作に2週間を費やしており、モウリーニョの拒否に対して不満な様子を示した。

「私は彼がスーパーヒーローになる権利を有していると思うけど、彼の判断を尊重する。価値ある理由で開催される展示会でこの絵が競りにかけられることがないと知るのは残念だわ。」

モウリーニョがユニセフと衝突するのはこれが初めてではない。
レアル・マドリード時代、このポルトガル人指揮官はグアルディオラのバルサがUEFAに贔屓されていると話し、その理由の1つがユニセフの胸スポンサーにあるのではないかと疑問視していた。

興味深いことに、この作品は10月末に行われるユニセフのチャリティー展で競りにかけるためにマンチェスター・ユナイテッドから依頼されていたものだった。
この事件の後、クラブはその作品を取り下げた。