ウルグアイ代表は火曜日のコロンビア戦に引き分け、ロシア・ワールドカップ進出に近づいた。コロンビアでの難しい試合となったが、南米予選19ゴール目を飾ったルイス・スアレスの活躍は大きかった。

オスカル・ワシントン・タバレス率いるウルグアイは良いスタートを切ることが出来なかった。前半12分にはムリエルの左CKからアベル・アギラールのヘディングシュートを決められ、コロンビアに先制を許す。(1-0)

昨日の引き分けで勝点20となり、南米予選首位のウルグアイは雨の中、反撃を試みる。
28分にクリスティアン・ロドリゲスがヘディングシュートを突き刺し試合を振り出しに戻す。(1-1)

後半はホームのコロンビアが再び優勢に試合を進め、クアドラードとカルドナがコロンビアの攻撃のペースを加速させたが、ゴールは奪うことができなかった。
するとウルグアイがチャンスを掴む、ゴディンからのロングボールを受けたカバーニからルイス・スアレスにボールが渡ると相手DFをあざ笑うかのように抜き去り、オスピナとの勝負を制し、73分にゴールを決めた。(1-2)

その後、コロンビアも攻撃を仕掛け続ける。そして、最後はGKムスレラからジェリー・ミナが同点ゴールを終了間際に奪い、試合は2−2の引分けで勝点1を分け合った。

【先発出場】
■コロンビア
GK
オスピナ

DF
アリアス(75分:ベリオ)
ミナ
ムリージョ
ファリド・ディアス

MF
アベル・アギラール
サンチェス
ムリエル(46分:カルドナ)
トーレス

FW
クアドラード
バッカ(59分:マルティネス)

■ウルグアイ
GK
ムスレラ

DF
コルホ
コアテス
ゴディン

MF
シルバ(44分:ペレイラ)
C・サンチェス(70分:スチュアニ)
アレバロ
ベシノ
クリスティアン・ロドリゲス(86分:ラクサール)

FW
ルイス・スアレス
カバーニ