セルジ・ロベルトのスペイン代表での負傷はアレイクス・ビダルに関するルイス・エンリケの今後のプランを明らかにする。
FCバルセロナとデポルティーボの一戦の招集リストにこのポリバレントなプッチパラート出身の選手が含まれるのか、もしくは引き続き指揮官の目には止まらず、新たな失望を味わうことになるのか注目である。

■オプション1:招集されて出場

この一件が解決されるわけではないが、このオプションはアレイクス・ビダルにとって現在の苦境に終止符を打つためのチャンスとなる。

その次の出場機会はこの試合の出来次第と言えるだろう。
再びミステルの信頼を掴むためにデポルティーボ戦は素晴らしいパフォーマンスが求められる。

■オプション2:招集されて出場せず

再び正常な状態に戻るための第一歩となるだろう。
指揮官との離れた関係性に関する疑問は続くとはいえ、プライドは保たれるだろう。
この場合、両者間の状況は張り詰めたままとなる。

■オプション3:招集外

この場合、アレイクス・ビダルにとって7度目の招集外となる。そして間違いなく、とどめの一撃となるだろう。
ルイス・エンリケはアレイクス・ビダルを少しも戦力に数えていないことが証明され続けることになる。
議論の余地なく、それはアレイクスに大きなショックを与え、冬の市場での退団に対する迷いを無くすだろう。