FCバルセロナのトリデンテの構成はリオネル・メッシ、ネイマール、ルイス・スアレスであるが、ネイマールは問題となるかもしれない。全ての試合で相手に狙われる危険性があるためだ。

ネイマールがバルサのトリデンテの中で最初に契約延長が上手くいかなかった選手であるが、リオネル・メッシとルイス・スアレスも契約延長を保留にしている。“Tertulia 100% Barça”の中でSPORTのディレクターであるルイス・マスカロに加え、バルサ部門のジャーナリストのイバン・サン・アントニオとディダック・ペイレットも参加し、バルサのトリデンテについて分析した。

また、ネイマールの事例に加え、トークショーの中ではジェラール・ピケについての論争やルイス・エンリケの選手ローテーション方法などについても話し合われた。