現在、レアル・マドリードで3シーズン目を戦っているトニ・クロースは今夏、ペップ・グアルディオラのマンチェスター・シティの補強候補として名前が挙がっていた。
それ故、チーム・ブランコは選手を確保するため、現行の契約から内容を大幅に向上させた。
“BILD”紙の報道によると、クロースは今後5年間を通して合計1億2,000万ユーロ(約138億円)を稼ぐことになるかもしれない。

数ヶ月前に“Football Leaks”はクロースがレアル・マドリードで年俸1,090万ユーロ(約12億5,000万円)を受け取っていることを暴露した。
現在、その金額はそれよりも増大しているが、詳細は明らかになっていない。
さらに給料に加えて、彼は栄養満点のボーナスと契約条項を持つ。
例えば、彼はバロンドールにノミネートされた場合、総額180万ユーロ(約2億円)を受け取る可能性がある。

今週木曜日の13:30、クロースはクラブ・ブランコとの契約更新後の心境を説明するためにサンティアゴ・ベルナベウでマスコミに応対する予定となっている。