「アントワーヌ・グリーズマンはこの1年間様々な成果を上げた、しかし、世界レベルになるためにはこの成績をコンスタントに実現し続けなければならない。」と“Sport Bild”紙のインタビューでリベリーは語った。

バイエルン・ミュンヘン所属のリベリーは、多くの選手が僅か1年間の活躍の末にバロンドールを要求することを批判した。
「成果を10年や15年間キープすれば、シャポー(帽子)を脱いで心から賞賛できる。」とリベリーは述べた。

“Bild”紙からの質問は、アントワーヌ・グリーズマンが既にリベリーやアリエン・ロッベンと同様のレベルにいるかどうかであるが、これについてリベリーは次のように回答している。
「自分の場合はここ9か月間負傷しているが、それでもここ10年間においてコンスタントにレベルをキープしていた。」