アレイクス・ビダルはデポルティーボ戦でFCバルセロナの右サイドバックとなるだろう。
少なくとも今日の時点ではルイス・エンリケとテクニカルスタッフ達はそう考えている。
6試合連続招集外となっているアスルグラナのDFは今週土曜日、新たなチャンスを手にする。

状況がリーガの再開に重要な変化を強いた。
代表戦によって消耗した選手、負傷した選手が多数いる中でルイス・エンリケはアレイクス・ビダルを含む控えの持ち駒に頼らざるを得ないようだ。

大筋において、アスルグラナの指揮官は右サイドバックをアレイクス・ビダルに、左サイドバックをリュカ・ディニュに託そうと考えている。一番の疑問はセンターバックだ。
ハビエル・マスチェラーノはアルゼンチンからの帰還後、招集メンバーに入ると思われるが、過度な負担をかけないよう控えに回る可能性もある。
サミュエル・ユムティティの復帰、もしくはマテューの起用がより現実的なオプションと言える。

アレイクス・ビダルはバルサが1-2でアラベスに敗れた9月10日から出番のない日々を過ごした後、リーガに再び登場するだろう。