ルイス・エンリケは厳密にスポーツ的な問題を理由にアレイクス・ビダルをあまり重要でない役割に追いやっている。
昨シーズンの両者間の議論を除き、アレイクスは如何なる類の事件も起こしていない。
暴言や良くない振る舞いなど懲戒処分を引き起こすような状況は存在しなかった。

そのようなものは何もなく、指揮官は単純に彼のパフォーマンスに満足していないため出場機会を与えていない。

ルイス・エンリケは守備面で高いツケを払うことになる攻撃参加のためにリスクを冒す際の判断力の欠如に関してアレイクスに不満を抱いている。

ルイス・エンリケは彼に対して攻撃参加した際には、背後に最大の警戒を払い、もっと責任を持つように何度も要求している。

指揮官と彼のアシスタントスタッフ達は守備面にリスクを負うことに非常に慣れたチームに罰を与えることに繋がるその戦術的ミスについて、アレイクス・ビダルに繰り返し指導してきた。
しかし、ルイス・エンリケはこのサイドバックがその修正を吸収しておらず、同じミスを繰り返していることを理解している。

ルイス・エンリケは守備面の問題を回避するために、高いレベルでの集中力の維持とゲームの展開を読むインテリジェンスの必要性を強調している。
どうやら、アレイクスはこのルイス・エンリケの要求するコンセプトを吸収できていないようだ。

いずれにしても、アレイクスは今週土曜日のデポルティーボ戦で先発メンバーに復帰する可能性がある。
指揮官の判断に注目だ。