チェルシーは多国籍企業ナイキとのサプライヤー契約を結んだ。この契約により、ナイキはチェルシーに年間7,200万ユーロ(約82億5,000万円)を支払う。この額はチェルシーのスポンサー料の歴史上最大のものだ。

スポーツシューズやウェアにおける世界のリーダーであるナイキは、来シーズンよりチェルシーのオフィシャルサプライヤーになり、トップチームを初め下部組織にユニフォームを供給する。また世界中に存在するチェルシーのサポーター達のために、様々なデザインの製品を製造する。

チェルシーの広報担当の幹部マリナ・グラノフスカイア氏は次のように語る。
「クラブにとってこれは非常に重要な合意です。ナイキはチェルシーと同様に、その優秀さとイノベーションで世界中に知られています。ナイキは私達が新しいマーケットで成長するのを助けてくれるでしょう。」

一方でナイキのCEOトレボル・エドワーズ氏は「チェルシーは世界レベルのクラブであり、伝統を有し、世界中に熱狂的なサポーターがいる。チェルシーとの合意は、我々のサッカー界におけるトップサプライヤーとしての地位確立を助けてくれるだろう」と語っている。