FCバルセロナ所属のFWネイマールは13日(木)、多国籍企業パナソニックとのスポンサー契約の発表の場で次のようにコメントした。
「僕はプレースタイルを変えるつもりはない。僕には僕のスタイルがあり、僕のサッカーをプレーする。ドリブルし、ゴールを決め、仲間達とプレーを展開する、あういうプレーをするのがハッピーなんだ。ライバル選手がこのスタイルを嫌いでも、僕はどうすることも出来ない。」とネイマールは繰り返した。

「サッカーでは肘鉄や足蹴りの応酬が発生することもある、だが全員がドリブルの才能があるわけではない。年々ドリブルの才能のある選手は少なくなっている。」

ボリビア人選手ドゥクの肘鉄による右眉の上のあざも生々しいネイマールであるが、「きっと一生ものの傷を負うことになるだろう。」とジョークを飛ばした。