バルサはコパ・デル・レイのベスト32から登場する。
初戦の相手はエルクレスとなった。試合は11月30日と12月21日に行われる。

ルイス・エンリケのチームはアリカンテへの快適な移動を楽しむだろう。
さらに指揮官はエルクレスについて完璧に知り尽くしている。
今シーズン、エルクレスは既にセグンダBグループ3でバルサBと対戦する機会があったためだ。その試合でジェラール・ロペスのチームはアウェーの地、リコ・ペレスで1-3の勝利をあげている。
ゴールを決めたのはカルドナ、ペレア、ムヒカだった。

1stレグはリコ・ペレスで11月30日に、2ndレグはカンプノウで12月21日に開催される。
これまでバルサとエルクレスはコパ・デル・レイで8回対戦している。
その勝敗の内訳は4勝2分け2敗と明らかにFCバルセロナが優勢である。

興味深いことに、これまで両チームがコパ・デル・レイで対戦したのは全てラウンド16だった。