今週金曜日、FCバルセロナの指揮官ルイス・エンリケ・マルティネスはリオネル・メッシがアトレティコ・マドリード戦で負った怪我から復帰できることを喜んだ。
「我々が2人の負傷者を取り戻すことはビッグニュースだ。レオの場合は水曜日から良い調子でトレーニングを行っている。」

ルイス・エンリケは同様にフランス人CB、サミュエル・ユムティティの復活にも言及しながらそのように語った。
「怪我明けのメッシを含む全ての選手は、まだ試合のリズムを取り戻すために時間を必要とするだろう。明日、レオとどうするか話すが、彼はユムティティ同様、出場可能だ。」
リオネル・メッシは9月21日のアトレティコ・マドリード戦で右足の内転筋の肉離れの怪我によって途中交代した。

■ローテーション、Yes or No?
ルイス・エンリケが一部のレギュラー選手達に休養を与えるためにローテーションを適用しない限り、メッシはデポルティーボ戦でチーム・ブラウグラナに復帰することが出来るだろう。
それに関して、アストゥリアス出身の指揮官は出場時間の配分に関してクラック達を説得するために何もしていないと語った。
「私は常にチームにとって最良な選択は何かを確認するために選手達と話し合っている。選手は然るべき個人の視点を持っているが、彼らは(ローテーションの意義を)理解しているし、何の問題もない。」

さらにバルサの指揮官はルイス・スアレスも代表戦から戻ったばかりで体調が万全ではないにも関わらず、デポルティーボ戦の招集リストには入ることを認めた。