昨シーズン、同大会で醜態をさらしたレアル・マドリードが再び帰ってくる。彼らがこのラウンド32のアウェー戦のために必要とする移動は短く、容易なものとなる。

抽選の後、クルトゥラル・レオネサのゼネラル・ディレクターはこのように述べた。
「大きな賞が当たった。我々は勝利を狙いに行く。」
この組み合わせはレオンに大きな喜びをもたらした。クラブはTwitterのアカウントでこのように祝っている。
「Si, si マドリードに行こう!!!」

クルトゥラル・レオネサは今シーズン就任した新監督、ルベン・デ・ラ・バレラによって率いられている。

レアル・マドリードは昨シーズン、カディス戦でデニス・チェリシェフの不当な出場という愚かなミスを犯したことで最初のラウンドを通過することができなかった。

レアル・マドリードのゼネラル・ディレクターはこのように述べている。
「我々は期待を胸に向かう。我々はレオンに多くのサポーターを持つ。そして、常に勝利という目的と共に行く。」

1stレグは11月30日にレオンで、2ndレグは12月21日にサンティアゴ・ベルナベウでの開催が予定されているが、チーム・マドリディスタのクラブW杯参加によってその日付は改められる必要がある。
1stレグは10月26日に早められ、2ndレグはその他のチームの1stレグが行われる11月30日になるだろう。